ボタン
ボタン

キムビアンカ Kimbianca

アーティスト:シンガーソングライター, パフォーマー, 執筆家
血液型:B型 誕生日:9月11日 身長:168cm 出身地:神奈川県横浜市 
大大学在学中からダンスを始め、コリオグラファーとして全国各地で活躍。

クラブを中心に活動を重ね、 2008年、突如着物にボンテージ姿でステージに現れる。
華やかでアート性の高いそのパフォーマンスと音楽性から「和製マドンナ」「セックスアイコン」と称されるようになり、2008年9月にはそのパフォーマンス性を故飯島愛氏に絶賛される。

2010年4月4日に処女シングル「脱ぎなさいよ」をリリース。同曲PVでは、”濡れ場”に挑戦。「18禁ギリギリPV」として話題に。

2010年5月、アーティスト史上初の「一年間毎月連続楽曲配信」を、レズビアン愛歌「She is Mine」を皮切りにスタート。

2010年9月20日発行「東京スポーツ」にて「バイセクシャル」であることをカミングアウト。「存在そのものが問題視されるアーティスト」として話題が爆発。

2011年3月開通「JR九州新幹線」公式応援歌「さくら」の作詞/Vo.に抜擢。USTREAMを介して出会ったアーティスト:向谷実氏、中西圭三氏とのコラボレーションを果たす。

2011年、新宿2丁目でのプロデュースイベント「真夜中は別の顔」を発足。友人であるミラクルひかる、IMALU、恵比寿マスカッツらをゲストに招き、「2丁目 VS タレント=最強エンターテイメント」という新しいイベントカラーを打ち出し、女性アーティスト初のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー) MIXイベントオーガナイザーを務めている。

2012年3月26日、新宿2丁目を中心としたLGBTカルチャーにスポットを当てたポータルサイト『2CHOPO』オープン。女装タレント:バブリーナと共に編集長に就任。 アーティストでありながらサイト運営の主軸を握り、カルチャーを牽引、発信する。

2013年4月4日、満を持してメジャーデビュー(ユニバーサルミュージック)。「世界進出」を掲げたデジタルシングル『ArcH QUEEN』をリリース。日本初のLGBTアーティストとして、本楽曲は日本メジャーレコード会社初発信の「同性愛歌」として発売され話題を呼ぶ。WEBメディア「ロケットニュース」にてデイリー記事ランキング1位、東京スポーツ芸能欄トップ記事掲載される。

2013年4月28日開催「東京レインボープライド」総合MCを務める。

2013年7月、処女小説となる「恋する処女膜」の連載をメルマガにてスタート。

2013年9月、プロデュースイベント「真夜中は別の顔」を深夜帯から昼間に移行開催。

セクシュアルマイノリティに対する正しい知識と理解を一般層に対し訴えかけると共に、自らがそのセクシュアリティをカミングアウトしているアーティスト故、音楽シーンにおいての唯一無二な存在として、活躍分野は執筆、タレント業、イベントプロデュース等多岐に渡る。